2014-04

日々のこと

「光と影の誘惑」(貫井徳郎)読了

「慟哭」に引き続いて読了。 光と影の誘惑 (創元推理文庫)貫井 徳郎 東京創元社 Amazon.co.jpで詳細を見る 慟哭は、1つのストーリーだったけど、 「光と影の誘惑」は4つのストーリーの集まりでした。 1つが...
日々のこと

「慟哭」(貫井 徳郎)読了

最近、俄かに、 嫁の影響で貫井徳郎さんの本を手に取ってます。 「慟哭」 慟哭 (創元推理文庫)貫井 徳郎 東京創元社 Amazon.co.jpで詳細を見る テンポ良い展開、 そして、思いがけない結末。 中身には踏...
奮闘記

Hiragana Times5月号に掲載されました。

昨日、会社のHPには載せたのですが、 Hiragana Times5月号に掲載されました。 facebookで「すごいね」等々のコメントを頂きましたが、 自分たちが関わってきて、そして、これからより深く関わる冊子なので...
インバウンド雑感

早速の規制緩和ニュース:空アパート活用

昨日、「ゲストハウス開業に立ちはだかる3つの壁」を投稿したところ、 タイムリーに本日の日経にこんな記事がありました。 安く宿泊、外国人観光客を特区誘致 政府が空きアパート活用 政府は国家戦略特区の指定地域で、アパートやマンションの空き...
奮闘記

最近のKNOT WORLDの活動

最近KNOT WORLDは何をやってるか。 ブログではゲストハウスの話ばっかですが、 それ以外の活動もしています。 主なところでは、3つです。 1.情報発信/媒体の作成 Hiragana Timesという媒体をベー...
奮闘記

ゲストハウス開業に立ちはだかる3つの壁

「どう物件見つかった?」 お会いする方によく聞かれるのですが、 まだ残念ながら見つかっておりません。 はや3か月。 言い訳をする気はないですが、 目の前にある「壁」が見えてきました。 さぁそれをどう越える...
奮闘記

どこの国の人が日本に一番きているか。

インバウンドでビジネスしようと思ってから、 日々が勉強です。 あまりにも無知だったので全て新鮮で、 ちょっとしたことも知的好奇心を満たしてくれたりします。 例えば昨年、 どこの国の人が一番日本に来たと思いますか? ...
スポンサーリンク