「慟哭」(貫井 徳郎)読了

最近、俄かに、
嫁の影響で貫井徳郎さんの本を手に取ってます。

「慟哭」

テンポ良い展開、
そして、思いがけない結末。

中身には踏み込みませんが、
とても、ひきこまれた物語でした。

嫁はずっと昔から著者の本を好きでした。
それが、なんとひょんなところで繋がり、
結婚式には嫁宛に電報まで頂きました。

縁ってあるものですね。

自分は最近まで横目に見ていたのですが、
一つ読んだ今、早速、家にある次の本に手を伸ばしています。

About 2310 281 Articles
日系損保、外資系コンサルティングファームを経て、2012年、結婚を機に夫婦で365日世界一周。その後、日本と世界をつないで楽しい世の中を創れないかと観光で起業。日々試行錯誤中。趣味は旅行と食べ歩き。世の中にちゃんと付加価値をうみだしていきたい。ワクワクする世界を創っていきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.