おもてなしに必要なもう一歩の勇気

この記事は約1分で読めます。

駅前で、
外国人が地図を広げていたので声をかけてみました。

勢い余って声かけたはいいものの、
尋ねられた場所がわからず、
iPhoneで検索を開始しました。

地図を広げる外国人カップルと、
iPhoneを眺めているクールビズな自分。

それがどう映っていたのか分かりませんが、
今度は別の女性が声をかけてきてくれました。

あ、ホテル〇〇ですか?
それならあっちですよ。
私そっちの方行くので案内しましょうか。

若くて爽やかな子でした。
いちお、
検索し終えて場所を説明しながらバトンタッチ。

外国人はThank youと言ってくれ、
お別れしました。

良かった、良かった。

・・・にしても、
女性が話しかけてきてくれたのはサプライズでした。

自分だったら、
誰か日本人が話しかけている外国人に話しかけられたかな。

横目に見ながら通過していたかもしれない。

でも、自分が逆の立場で旅人だったら、
そんな立て続けにみんな助けてくれたら、
めっちゃいい国だな、って思うだろうな。

ああいう場合、
通過しないっていう選択肢もあるんだな。

もう一歩の勇気を持とう。
そう感じさせられた出来事でした。

コメント