何を求めていて、何を持ち帰ってもらうか

今週、

前半2日間は、
都内で研修に立ち、

後半2日間は、
地域の魅力を整理して発信するプロジェクト関連で、
長崎に出張に行っておりました。
2014-07-25 12.54.43

日々刺激があって面白いなと思うわけですが、
両方を通じてあらためて大事だなと思ったのは、
ゴールの姿をどう描くかということでした。

「何を伝えたいか」ももちろん大事です。
ただ、伝えたいことが先行し過ぎると、
独りよがりになってしまうことも多々あります。

研修で言えば、
いくら「ロジカルシンキング」や「PDCA」を言葉で伝えたとしても、
相手が理解してくれなければ、はじまりません。
そして、理解してくれたとしても
その後、実践できないのではどうしようもありません。

観光で言えば、
いくらご当地自慢を繰り返したところで、
それが相手の興味がなければどうしようもありません。
自分の中で凄いと感じていても
相手に凄いと思ってもらえなければ人は惹きつけられません。

終わった後に、どうなってもらいたいか。
何を感じて、何を持ち帰ってもらいたいか。

相手目線でそのゴールを描くことって大事だなと思うのです。
その上で、その人が何を求めているのかを踏まえ、
どう伝えればいいかを考える。

そうすることで、
より大きな価値が産まれます。

そういった点で
教育も観光もとても似ているなと感じます。

そこをうまく、設計・プロデュースできる人になりたい。

人や地域に、何かしら貢献できるよう、
これからも頑張ります。

About 2310 281 Articles
日系損保、外資系コンサルティングファームを経て、2012年、結婚を機に夫婦で365日世界一周。その後、日本と世界をつないで楽しい世の中を創れないかと観光で起業。日々試行錯誤中。趣味は旅行と食べ歩き。世の中にちゃんと付加価値をうみだしていきたい。ワクワクする世界を創っていきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.