NISA口座開設が大変過ぎて根負けしそう

1か月ほど前、遅ればせながら、
NISAの口座開設の手続き書類を証券会社に送りました。

NISAは、少額投資家に対する税制優遇の制度です。
この制度、不正な活用を避けるためと思われますが、
2013年1月1日にどこに住んでいるかが、
適用判定される際重要なポイントになっています。
NISAとは(wikipedia)

2013年1月1日。

どこにいたか。

シドニーです。

世界旅行の為、住民票を除いてしまっていたので、
2013年1月1日時点で住民票は日本にありませんでした。

2013年11月に日本に戻ってきて、
一度住民票をいれ、その後転居。

制度の穴に落ちてしまいそうな、
マイノリティーなのです。

マイノリティーも制度の穴に落ちないよう、
ちゃんと取り決めがあるのですが、
国内に最初に住所を有した場所の住民票が必要とのこと。

「基準日(2013年1月1日)」時点、海外に居住していた場合
「基準日」に国内に住所を保有していない場合、「基準日」以降最初に国内に住所を有することになった時点の「住民票の写し」
三井住友銀行ホームページ

前住んでいたところに取りに行くのが億劫で、
大分放置していたら今に至りました。

すると、証券会社が「住民票取得代行サービス」なるものをはじめました。

その名の通り、住民票を代わりに取得してくれるサービスです。

これだ!

…と思って、
やっと重い腰を上げ、NISA解説の書類を送ったのです。

大分時間がたって、「受け付けました」とメールが来て、

ちょっと時間がたって、

書類が返送されてきました。

曰く、
「『基準日』以降最初に国内に住所を有することになった時点の『住民票の写し』」だけでなく、
「国外転出時に届出をなさった市区町村が発行する『住民票の除票の写し』が必要だ」とのこと。
「住民票除票の写しは各自で取得してください」とのこと。
ご丁寧に、国内に帰ってきた際の「住民票の写し」は添付されていました。

調べたら、
三井住友銀行のホームページには書いてないけど、
確かに某証券会社のホームページには書いてある。

ホントに必要なのだろうか。

…っていうか、
「国外転出時に届け出をした市区町村」と
「転入してきた市区町村」は同じなのだけど、
一緒に住民票取得することは出来なかったのだろうか。

そして、住民票除票の写しは「住民票取得代行サービス」の対象外なのか。

無料のサービスの恩恵に預かろうとした自分も自分ですが、
途中で梯子を外されてしまった気分で何とも言えない気持ちです。

もうその証券会社でNISAを開設する気力はなくなってしまいました。
どこか、住民票除票を取得してくれるような証券会社ないかな。

NISAという優遇制度がある中で、
普通に投資をしているのも馬鹿らしいので、
いっそ一度株式投資を辞めようかなって気にもなります。
ずっと持ち続けてたスタバも上場廃止になっちゃうし。

効率化を追い求める資本主義社会の中で、
マイノリティーは一定割切る、というのは一つの考え方だけど、
割切られた方は、結構さびしい思いをするのだなと身をもって感じました。

神々は細部に宿る。

かゆいところまで手の届くサービスを目指していきたいです。

About 2310 276 Articles
日系損保、外資系コンサルティングファームを経て、2012年、結婚を機に夫婦で365日世界一周。その後、日本と世界をつないで楽しい世の中を創れないかと観光で起業。日々試行錯誤中。趣味は旅行と食べ歩き。世の中にちゃんと付加価値をうみだしていきたい。ワクワクする世界を創っていきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.