(次はないけど)次回の結婚式はパレスホテルだなと思った件

今日、昔の同僚たちとの集いでパレスホテルに行きました。

かのパレスホテルといえど、向かったのは、
高級レストランではなく、地下のレストラン街。

そんなパレスホテルに、初めてカジュアルな姿で訪れた自分。
しかも、ママチャリをせこせこ漕いで向かいました。

最近、チャリでいろいろ行動しているのですが、
ちゃんとしているところは、ちゃんと駐輪場を完備しているもの。
東京ドームホテル然り、虎ノ門ヒルズ然り。

しかし、駐輪場を発見できないまま、車寄せに入ってしまいました。

駐輪場があるか聞こうと、
自転車を降りて車寄せにいる方に話しかけました。

「地下のレストラン街に行きたいんですけど、
駐輪場ってどこかにありますか?」

するとその方はご丁寧に、
「この建物の裏側になります。」
「これからご案内するので、ついてきてください」と言います。

裏側っていうと少し距離がある場所です。

自分で行けばいいかな、と思いながら断ろうか悩んでいると、
「歩くにはちょっと距離があるので乗って頂いて、ついてきてください」
…と促して、彼は、軽く小走りで走り出しました。

彼は、高級ホテルの入り口を任され、パリッとした服を身にまとっています。
一方の僕は、高級ホテルに似つかわしくない、
レストラン街に迷い込む、カジュアル、ママチャリのちんちくりんです。

なんだろう、このギャップ。

自転車に乗って、走る彼を追います。
彼は、自転車の僕が頑張るでもなく、抑えるでもない、
相手に気を使わせない適度な速さでスタスタ走ります。

表の車寄せから、裏の駐輪場まで、100m強はあると思うのですが、
さわやかに走ったうえで、まったく息を切らさずこう言いました。

「こちらが駐輪場で、こちらが近い入口になります。」

この時点でもう感動ですよ。

「宿泊じゃなくて、こんな(ラフすぎる)格好の、
ただの来客者にまでこんな対応してくれるんだ!」と。

そして彼が笑顔で言ったもう一言。

「良いご夕食を、お過ごしください。」

ほえー。
これが高級ホテルってやつですかね。

皆がこのレベルなんでしょうか。
完全に感動を超えて、パレスホテルのファンになりました。

彼はそう言い残すと、来た細い道を颯爽と走って戻っていきました。

カッコよすぎる!

感動に浸りながら、自転車を停めて、レストランに向かいました。
2015-02-01 17.57.57

普段から、走る練習もしてるんですかね?

ちょっとした距離を結構なスピードで走って息が上がらないというだけで、
中々なものだと思うんです。

それに加えて、その状況で、
一糸乱れない姿勢で、相手の状況を踏まえた気遣いの言葉を送れることって、
とてもすごいことだと思うんですよね。

ちなみに、
ホテルマンの姿勢そのままの
ピンと背筋が伸びたランニング後姿だったということも、
個人的に更にツボに来たマニアックなポイントでした。

そして、爽やかに去っていく。

いや、絶対普段から走る練習もしているに違いない。

去年、パレスホテルの結婚式にも出席させてもらいました。

その時は、卒がなく質の高いサービスを特に意識することなく、
ただ、美味しい食事と素敵な景色を楽しんでいました。

サービスの凄さって、
ある程度のレベルまで達すると、普段はそこまで顕在化することないけど、
ちょっとイレギュラーなときに、こうして、ゲストの心に刻まれるのだなと感じました。

あらためて今日あの人のサービスに触れて、
こんなところだったら、最高の時間を過ごすことが出来そうだな、
自分もこういうところで式を挙げたいと思うだろうな、と思いました。

1年前に来たゲストを覚えていたリッツカールトンも凄いなと思ったけど、
今日出逢ったパレスホテルの人も凄かった。

そんな後の、パレスホテルの地下のイタリアンで夕食。
良い時間でした。

自分もあの人のサービスへの姿勢を見習って来週から頑張ろう。

About 2310 279 Articles
日系損保、外資系コンサルティングファームを経て、2012年、結婚を機に夫婦で365日世界一周。その後、日本と世界をつないで楽しい世の中を創れないかと観光で起業。日々試行錯誤中。趣味は旅行と食べ歩き。世の中にちゃんと付加価値をうみだしていきたい。ワクワクする世界を創っていきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.