「実現したい『世界』」に向けたゲスト対応

1月から外国人向けにツアーを開始して4か月。

多くのゲストにも参加いただけるようになり、
何とか立ち上がりつつある状況です。

実際に、やっていると、
一つ一つがとても勉強になることばかりです。

 

例えば、
ゲスト都合での無断キャンセルがあったのに、
返金を要求された場合どうするか、とか。

ルール的にも、感情的にも、
事前に了承いただいているキャンセルポリシーにのっとって
対応したいところではありました。

でも、実際、そんな事例と対峙してみると、正直、相当悩みました。

彼らの日本での楽しい経験に貢献できなかったという事実。
本当に自分たちにもうちょっとできることはなかったのか。
この人から悪評が広がったらどうなるのだろうという不安。
一方で、ゲスト都合だしこちらにはコスト等々もかかっているという状況。

結局、その時は、
色々な状況も踏まえて検討し、返金するという決断をしました。

決断をしてから振り返ってみると、要は、
「『日本と世界の結び目を創っていく』という
僕たちとして目指したい「世界」に近づくのか。」
という事が、一つの判断基準なのだと感じました。

企業なので、もちろん利益を出さなくてはいけない。
キャンセルフィーも然るべき形で徴収するべきだ、というのはもちろん。
ただ、もう一つ違った、
ビジョンを踏まえた判断軸も必要かなと感じたケースでした。

一つ一つの経験を糧に、
外国人により日本を楽しんでもらい、
通訳案内士に実践の機会を提供し、
より多くの日本の街に人を案内できるよう
頑張っていきます。

About 2310 273 Articles
日系損保、外資系コンサルティングファームを経て、2012年、結婚を機に夫婦で365日世界一周。その後、日本と世界をつないで楽しい世の中を創れないかと観光で起業。日々試行錯誤中。趣味は旅行と食べ歩き。世の中にちゃんと付加価値をうみだしていきたい。ワクワクする世界を創っていきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.