どうやったら出来るのかを考える

仕事論
この記事は約2分で読めます。

先日、知人の紹介でとある人に出逢った。

その方は、1年半前くらいから構想を描き始め、
今年の後半には外国人向けホステルを始めるのだという。

ちょうど、自分たちも1年半くらい前から動き始め、
開業に備えてゲストハウスで修行をさせてもらったりしていた。

 

 

しかし結局、全く先が見えないまま、計画は途中で止まり、
今は少し舵を切って、外国人向けのツアーをやるに至っている。

軌道修正をしていくことも、もちろん必要だし、
判断自体は間違ったことではなく、
今は目の前のことをしっかり形にする時期だと思う。

一つの種は確実に芽生えはじめたし、
大きな価値を提供していけるのではと感じている。

ただ、あの時を振り返ってみて、
なんで、先が見えなかったのか、
どうすれば、先を見ることができたのか、
少し考えさせられた。

どんな困難でも、乗り越えられる人は世の中に絶対いる。
これは多分、絶対にいる。不可能なことなんてそうそうない。

「営業で、こんな商品誰が売れるんだよ。」とか思ったところで、
それを売ってしまうスーパー営業マンは必ずいる。

誰かが出来るんだったら、自分にできないわけはない。
「出来る人」になるのは自分だ。

そう信じて、
「どうやったら出来るのか」をとことん考えて試していかないといけない。

出来ない理由なんて、腐るほどある。
ただ、考えてみると、出来るかもしれない可能性も、
限りなく小さかったり、現実的でなかったりしてもいくつかは存在する。

出来ると信じること。
考えること。
実際に動いてみること。

これを胸においておきたいと思った。

コメント