自由自在スクリーンキャプチャ『Snipping Tool』が便利

ビジネススキル・効率化TIPS
この記事は約2分で読めます。

昔企業で働いていたとき、
自分が指定した範囲をスクリーンキャプチャで切り取れるソフトがありました。

フリーソフトでないかなと思っていたら、
同じ機能を持ったソフトがWindows7には標準装備されていることがわかりました。

 

自由自在スクリーンキャプチャ『Snipping Tool』

その名もSnipping Tool。

どこにあるかわからない場合は、
Windowsのスタートボタンから『Snipping Tool』と検索すると出てきます。

なので、そこからタスクバーに移しておくと便利です。
snippingtool

起動すると、このような画面がポップアップで立ち上がります。
snippingtool1

「新規作成」を押して、たとえばGoogleのページをドラッグすると、
スパッと切り取れます!
snippingtool2

 

便利!

しかも。
ペンが使えて、
フリーハンドで線を引けたり、丸を囲めたりもするんです。
snippingtool3

 

 

そのままパワーポイントにコピーもできるし、
JPG、GIF、PNG等の拡張子で保存することも可能です!

これまでいちいち「Prt Sc」を押して、
パワポに張り付けてトリミングしていたのですが、
それをしなくてよくなるのは相当効率が良くなります。

ブログ書かれる方、
よく、プリントスクリーンをされる方、
おススメですので是非参考にしてください。

コメント