[wordpress]構造化データhatomに生じたエラーの修正方法

最近、アクセス数が落ちているサイトがあり、
原因を調べるために、ネットをいろいろ調べていました。

すると、2014年1月の投稿でこんなサイトが見つかりました。

WordPressユーザー要注意!〜構造化データのエラーでアクセス激減?

気になるタイトルです。

ウェブマスターツールでわかった構造化データの大量エラー

気になって、グーグルのウェブマスターツールに手を伸ばしてみると、
ダッシュボード上では、
「新しいメッセージまたは新しい重大な問題はありません。」と記載されています。
webmastererror2

が、

肝心な、検索のデザインを見てみると、
ホントに大量のエラーが発生していました。
webmastererror

460件もエラーが出ていました。

hatomを押して、その内訳をみてみると、
大半が「updated がありません」で、
一部、「author がありません」でした。

Twenty fourteenのテーマにおける修正方法

どう修正すればいいのか、ネットで調べてみました。

こちらのサイトの記載の方法で試したものの、
エラーが出てどの画面にもアクセスできなくなり一瞬焦りました。
(FTPツールから修正前のデータに戻して事なきを得ましたが。)

プラグインの関係もあって、人によって違う部分も多々あると思うので、
ファイルに手を加える際は、バックアップを取っておいた方がいいですね。

最終的にはいくつかの方法を参考に下記の修正を行いました。

修正する対象ファイルは「template-tags.php (inc/template-tags.php)」です。

114行目にある下記の文章に、

printf( ‘<span class=”entry-date”><a href=”%1$s” rel=”bookmark”><time class=”entry-date” datetime=”%2$s”>%3$s</time></a></span> <span class=”byline”><span class=”author vcard”><a class=”url fn n” href=”%4$s” rel=”author”>%5$s</a></span></span>’,

「updated」を追加します。

printf( ‘<span class=”entry-date”><a href=”%1$s” rel=”bookmark”><time class=”entry-date updated” datetime=”%2$s”>%3$s</time></a></span> <span class=”byline”><span class=”author vcard”><a class=”url fn n” href=”%4$s” rel=”author”>%5$s</a></span></span>’,

それだけ。

ウェブマスターツール上で試しに「ライブデータをテスト」を押してみたら、
「updated がありません」のエラーは消えたので、しばらくすれば大量のエラーは減ってくるはずです。

「author がありません」のエラーは消しきれてないのですが、
この構造化データのエラーがSEOに効果があるのか様子を見ながら、
対応していきたいと思います。

About 2310 273 Articles
日系損保、外資系コンサルティングファームを経て、2012年、結婚を機に夫婦で365日世界一周。その後、日本と世界をつないで楽しい世の中を創れないかと観光で起業。日々試行錯誤中。趣味は旅行と食べ歩き。世の中にちゃんと付加価値をうみだしていきたい。ワクワクする世界を創っていきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.