4,000円あったら、飲みより朝の築地で寿司だ。

この記事は約2分で読めます。

2014-05-01 08.25.02

2月の下旬に引き続き、また、築地に行っちゃいました。

平日の早朝。
今日は朝のマグロの競りは諦めて、7時半から場内へ。

寿司屋の二大巨頭、「寿司大」と「大和寿司」の前は大行列でした。
平日ということもあり、8割以上が外国人。

自分たちが海外に行ったときに
観光客だらけだと萎えてしまうこともあったのですが、
外国人観光客からしたらそんな気持ちになったりするんだろうな、と感じました。

と、同時に、ただ単に平日だから観光客だらけなのであって、
現地人にも魅力的な場所ではあったりするから、
観光客だらけでも萎える必要もなかったんだな、とも感じたり。

早速、まだ列が少しましだった大和寿司に並ぶこと一時間。

出てきたのが冒頭の写真のお寿司です。

税抜3,500円の「おまかせ」か単品注文。
決して安くはない。というか、高い。朝飯にしては高すぎる。

けど、絶品朝ごはんでした。

飲みに行って、いつの間にか消える4,000円より、
朝一にその日の活力になる絶品築地の寿司に4,000円払った方が絶対いい!
2014-05-01 08.33.15

まず美味しい。
そして、朝の築地はエネルギーに溢れてる。
朝から仲間と話すととても刺激になる。

言うなれば、
飲みの4,000円は、その日や翌日に取り返せる気はしないけど、
築地の寿司の4,000円は、
その日中にそれ以上の付加価値をプラスする気にさせてくれます。

もちろん、飲みに行って、
それ以上の価値を感じることももちろんあるのですが。

何はともあれ、懐は寒くなったけど、心は温かくなりました。
お金の使い方、お金の価値を考えるところです。

そんなこんな、寿司を食べた後、
場外を散策して、9時を過ぎて場内市場をちょっと散歩して解散。

7年前にも2か月前にも感じたけど、朝の築地はお勧めです。
2014-05-01 09.09.34

コメント