外国人に優しいのは東京か大阪か

観光雑感
この記事は約2分で読めます。

東京の人と大阪の人、
どちらが対人関係の距離感が近いかというと、
確実に大阪の人だと思っていました。

「突然あめちゃんをくれるおばちゃん」に代表されるように、
人見知りせず、ともすれば、
近すぎるくらいの距離に飛び込んでくるイメージがありました。

でも、先日、
日本に来たばかりのオーストラリア人と話していた時のこと。

彼は、「東京の方が大阪より好きだ」と言いました。

なぜだろう。
都会の方がいいのか。街がきれいだからか。

彼曰く、
「道に迷って困っていると東京の人は声をかけてきてくれるが、
大阪の人は知らないフリをする。聞いても答えてくれない」とのことでした。

冒頭のくだりの通り、
見知らぬ人に声をかけるのは、
絶対、東京より大阪の得意分野だと思ってたのでびっくりしました。

ただ、確かに東京に住んでる知り合いのfacebookの投稿を見ると、
「困っている外国人に声をかけて仲良くなりました」
といった内容をちらほら見かけていたので、
そうしたちっちゃな気配りが
しっかり外国人に届いているんだなと嬉しくなりました。

大阪の方に知り合いが少ないので
何とも言えないのですがどうなんでしょう。

関西でも、
外国人の困っている人に
積極的に声をかける友人も知っていますが、
全体でみると、東京の方が大阪より
外国人に対する抵抗感が下がってきたということなのでしょうか。

n=1なので、何とも言えませんが、
彼は大阪に2回、東京に3回行ったが常にそうだったとのことでした。

何はともあれ、自分たちも世界を旅中に困っていると、
多くの人が向こうから手を差し伸べてくれ、
それがとっても嬉しかったし、
その国のイメージを良くしてくれたのを覚えています。

メキシコのグアナファトって街では、
迷子の自分たちを心配して、フェデックスのおっちゃんが、
10分以上歩いて宿まで案内してくれたりしたものでした。

日本でも、もっともっと、
そのように手を差し伸べる人が増えたら素敵だなと思います。
それこそが「おもてなし」なのかな、と。

まずは一言。

Can I help you?/ Do you need any help?

コメント