[wordpress]カスタマイズする前に子テーマを作成する

wordpress
この記事は約3分で読めます。

wordpressを使い始めてから、テーマをいじる時、テーマのフォルダの中にあるファイルを直接いじってました。

でも、それだとテーマをアップデートするときに上書きされてしまい、変更前に戻ってしまうことが何度かありました。

結局、テーマのアップデートを全くしないで放置してたりしてたのですが、「子テーマ」をつくることで変更を維持できることを知りました。

カスタマイズ内容だけを入力する「子テーマ」とは

「子テーマ」とは何か。

wordpressのテーマは常にアップデートがされていきます。
なので、テーマ本体に変更を加えていくとアップデートしたときに上書きされてしまい、
せっかく加えていた変更が水の泡になってしまいます。

そうならないように、変更したいテーマのコピーをつくり、
「カスタマイズの内容だけ」を新しく作ったテーマに入力し、
それ以外については元のテーマを参照するように設定している
「カスタマイズ専用のテーマ」が「子テーマ」と呼ばれているものです。

こうすることで、元のテーマをアップデートしても、
「カスタマイズの内容」については変更されずにサイトの構築が出来ます。

どうやら
ワードプレスでテーマをカスタマイズする際には
当たり前にやるべきことのようです。

つい最近知りましたが。
1つ学びました。

「子テーマ」の作り方

子テーマをつくる際には、ファイルマネージャー等を使い、
「/wp-content/themes」内に、新しくフォルダを作成します。

child-theme

作成する際のフォルダ名は任意ですが、
「〇〇_child」等と名前を付けておくと分かりやすいと思います。

今回、バズ部の「xeory extension」の子テーマを作成したので、
「xeory_extension-child」という名前で作成しました。

次に、そのフォルダ内に、スタイルシートを作成します。

child-theme2

スタイルシートには、下記の内容を記載しておけばOKです。

/*
Theme Name: xeoryextension-child
Template: xeory_extension
*/

@import url(‘../xeory_extension/style.css’);

「Theme Name」は管理画面で表示される名前です。
「Template」は親テーマとなる元のテーマのフォルダ名(xeory_extension)を記載します。

このままだと、体裁が崩れたままになってしまうので、最後に、
「@import url(‘../xeory_extension/style.css’);」で参照するスタイルシートを指定します。

以上で、子テーマ作りは一旦、終了です。

管理画面から「子テーマ」を選択し設定完了

あとは、管理画面にログインして、テーマを見ると、
子テーマがつくられていることが確認できます。

child-theme3

その子テーマを有効化(Activate)したら完了です。

見た目は、元のテーマと変わりませんが、
これでカスタマイズしていく下地が整えることができました。

 

参考にしたサイト:http://presentnote.com/child-theme-customaize/

コメント