「ライト、ついてますか―問題発見の人間学」読了。

この記事は約1分で読めます。

ライト、ついてますか。
軽い文章ではあるけど、時間がなければ、
目次の文章の意味について考えてみるだけでも価値があるかもしれない。

「何が問題か?」
「問題は何なのか?」
「問題は本当のところなんなのか?」
「それは誰の問題か?」
「それはどこからきたか?」
「われわれはほんとうにそれを解きたいか?」

世の中にはたくさん問題があふれているが、
問題に向き合ったときに、解いている最中、常に自分に問いかけたい。
そう感じた。

問題を解くことではなく、正しい問題設定をすること。
当たり前ではあるが、それは非常に大切だ。

その問題は、他の人にとってはまた違った意味を持つかもしれない。

常に、様々な視線を持ちながら考えていきたいとこです。

ライト、ついてますか―問題発見の人間学
ドナルド・C・ゴース G.M.ワインバーグ
共立出版
売り上げランキング: 10,145

コメント