「光と影の誘惑」(貫井徳郎)読了

この記事は約1分で読めます。

慟哭」に引き続いて読了。

慟哭は、1つのストーリーだったけど、
「光と影の誘惑」は4つのストーリーの集まりでした。

1つが短い分、読みやすいかな、と思います。

それにしても、
ミステリー書く人の頭のなかってどうなってるんだろう。

ストーリーを楽しみながらも、
書く人にすげーなーって感心しながら読んでいます。

コメント