名刺管理アプリ「Eight」使い始めました。

この記事は約2分で読めます。

2014-05-31 10.02.14

やっと重い腰を上げて名刺管理アプリを使い始めてみました。

多くの方と名刺を交換させて頂いても、
積み重なるだけで持ち歩きもせず、上手く管理できていなかった自分。

とはいえ、名刺管理アプリもたくさんあって、
どれにすればいいのかも分かりませんでした。

もう最後は、比較サイトをみて、
「無料で上限枚数なく入力できること」
「PCから閲覧できること」
の条件を満たすEightをインストールしました。

驚くべきは、入力方法。

なんと、オペレーターが手入力でデータ化しているとのこと。

そのため、登録には1-2日かかるのですが、
どんな名刺でも大抵ちゃんとデータ化してくれます。

まだ2日しか使っていませんが、
もっと早く使い始めてればよかったって思えるくらいの便利さです。

しかし、無料とか言われると、
そのビジネスモデルがどうなってるのか気になってきます。

他のサービスと違ってEightは上級モデルがなく、
今のところお金をとってそうな場所がないんです。

ホームページにはこう載ってました。

なぜ無料で提供しているのですか?
Eightは世界中のビジネスマンの標準ツールとなることを目指しています。

より広くの方の名刺管理に関する悩みを解決していただくために基本機能を無料でご提供しており、
現在提供している基本機能については、今後も無料でご提供する予定です。

ただし、もっと便利にEightをご利用いただくため、有料のプレミアムサービスの提供を予定しています。
詳細は下記ページをご参照ください。
有料プランについて

いずれはプレミアムプランを作ってそこで収益化していく狙いのようですが、
現時点では、ユーザーを集めるため無料ということでしょうか。

願わくば、+αのプレミアムサービスをしっかり作って、
現状のサービスはそのまま無料で続けていただきたいところ。

でも考えようによっちゃ、
名刺を登録した後の他サービスへの移行のハードルって高いから、
ある時から「現在の基本サービスを有料にします」と言われても、
支払わざるを得ないような状態になるんだろうな、とも感じてます。

その時は、その姿勢に失望して利用するの辞めようかなと思いますが。

運営会社のSansan株式会社を見てみると、
有償の企業向けクラウド名刺管理サービスを展開しているようです。
そちらで収益をあげていると考えると、
Eightで焦って収益化する必要もないだろうから、
大丈夫かな、と期待しています。

いやーEight、便利だ。

コメント