「わかりにくい」とこにニーズはある

奮闘記
この記事は約2分で読めます。

社会人10年目を迎え、
初めて生命保険の満期のお知らせが来ました。

 

あらためて10年経ったのだな、と実感。

入社したときに、
あまり考えないまま流れで入った生命保険。

結婚もしたし、見直さなきゃなと思いながらも、
ずるずる10年目を迎えてしまった生命保険。

それにしても、保険って分かりづらいですよね。

商品の特性を理解するのと、
比較検討するうえでホント厄介だなと思うのです。

商品の特性としては、
リスクって自分でなかなか判断しにくい、ということ。
発生する確率も謎だし、発生したときにかかる額もわかりにくい。

比較検討する際としては、
各社の商品がちょーっとずつ違うから一様に比較しづらい。

でも
この「わかりにくさ」って一つのチャンスだと思うのです。

分かりやすさを与えてあげることで価値になるわけで。

それが保険で見ると、外資系の営業マンチャネルだったり、
来店型店舗だったり、ネット生保だったりするんだと思うのですが。

インバウンドを見ても、
外国人にとっての「わかりにくさ」を解消してあげるとこに、
一つのビジネスチャンスがあるのだと思ってます。

何はともあれ、保険の見直しをするべく、
一度、社会科見学がてら、
どこかの来店型店舗にでも足を運んでみようかと思います。

コメント