東京の昔と今を同時に見れる場所

この記事は約1分で読めます。

昔から街歩きは好きなんですけど、
ふとワンショットで歴史の変遷を感じられる風景って
面白いなと思いました。

これからもそんな風景を見つけたらここに加えていきたいなと思います。

北品川の屋形船乗り場付近からの品川の風景

2014-10-26 16.27.15

1945年くらいまで、品川沖と呼ばれていた海で、
ノリの養殖が盛んだったらしいこのエリア。

品川埠頭建設工事開始により、養殖業から釣り船屋に移ったのだとか。

そんな昭和初期の手前の建物群と、
昭和後期、バブルのころに建てられたライオンズマンションと、
平成になって開発された品川駅港南口のビル群。

手前から奥に行くにしたがって時代の移り変わりを感じることが出来る面白い風景です。

浜離宮恩賜庭園から見た汐留ビル群

2014-12-05 10.55.49

浜離宮恩賜庭園。
江戸時代に、甲府藩の下屋敷の庭園として造園され、
後に、将軍家の別邸浜御殿となった場所でした。

建物は復元されたものだと思いますが、
江戸時代の庭園の奥にそびえる、汐留のビル群がなんだかおもしろいコントラストです。

コメント